家を貸すときに知っておきたい基礎的な知識やどれぐらいの費用がかかるのか

HOME>アーカイブ>どれぐらいの費用がかかるかといったことを知っておく

本当に収益になるのか

住宅模型

家が余っている場合は、家を人に貸すのが良いでしょう。ある意味、不労所得になる可能性があるため、積極的に考えておくことが必要になります。とは言え、闇雲に家を貸してしまうと、赤字になってしまうケースもあるため注意が必要です。家を貸す場合には、十分な収益になるかを確認しておくことが必要になります。収益になるかどうかを見定めるのはそれほど簡単なことでは無いものの、自分の住んでいる街でどれぐらいの賃料で住宅を貸しているのかなどを調べることが比較的容易です。それらの情報を下にして、専門家の意見を聞いてみるのも1つの方法です。また、そこまで本格的でないにしても、基本的な本などを読んで勉強しておけば、大きく損をする事はなかなかないでしょう。

不動産会社にかかるお金

相談

家を貸す場合には、不動産会社に仲介してもらうのが1番楽な方法です。不動産会社に仲介してもらえば、全く知らない人に家を貸すことができるわけです。ただ不動産会社を利用するならば、そこの物件を貸すときに仲介手数料が必要になることを頭に入れておきましょう。仲介手数料は、おおよそ家賃の1ヵ月分ぐらいと考えておくべきです。例えば家賃が100,000円のところならば、100,000円の初期費用を支払うことで、不動産会社に動いてもらうことができます。

登記等をしておくと良い

住宅模型

不動産登記は、司法書士に依頼することで作成してくれるでしょう。登記とは、いくつかの意味はあるものの、一般的には第三者に対する対抗要件とされています。つまり、第三者がその土地や不動産は自分のものだと主張してきた場合、登記を見せれば問題を解決することができます。逆に登記がなければ、面倒な争いに巻き込まれることも多いため要注意といえます。家を貸す場合には、250,000円位の登記費用がかかりますが、必ずしておいた方が良いでしょう。

広告募集中